リバース第8話 完全ネタバレと感想 真犯人を大胆予想!!

リバース第8話!!美穂子の目的は?

過去に広沢と美穂子が付き合っていたことがわかり、美穂子が広沢の復讐のために近づいてきたと考える4人。今回は美穂子の復讐劇が展開するのでしょうか。てんとう虫のキーホルダーは誰のものか分かるのでしょうか。以下ネタバレあらすじです。

[ad#ad-2]

告発犯の正体は美穂子だった!

深瀬の部屋に集まるゼミ仲間4人。深瀬は美穂子に電話するがつながらない。深瀬が広沢の友達に美穂子の写真を確認してもらうと、やはり美穂子が広沢の元カノだった。4人は美穂子の脅迫の動機について話し合う。谷原は突き落とされたことを覚えていないという。浅見は、三回忌の後に広沢の親戚という女から学校に電話がかかってきて、色々と聞かれていた。深瀬の彼女が美穂子だったと知り、皆驚く。美穂子は広沢を奪われて傷ついていて、これで諦めるとは思えないので、美穂子を探して話し合おうということで4人は一致した。10年前の事件について、明日香から村井が別荘に来る途中にタクシーを降りたと聞いたこと、浅見が車が爆発する前に車から逃げた人物を見ていて、それは村井ではないかと指摘すると、村井は帰ってしまう。

てんとう虫のキーホルダーは誰のもの?

美穂子は大阪にいた。暗いトンネルの中で深瀬から電話を確認する。美穂子の手の中には、実家から持ってきた文庫本があるが、浅見の名前が書いてある。

深瀬は小笠原と会って情報交換をする。谷原が事故現場で捨てたてんとう虫のキーホルダーは、長野のNPO法人が創立30周年を記念して作った限定品だったという。小笠原は、浅見や谷原のものではなく、広沢のものでもないとすると、荒っぽいことになりそうだと言った。深瀬は詳しく話を聞こうとするが、話をそらされた。

タクシーを降りた後の村井の行動の真相が明らかに!!

浅見は学校に復帰したが、生徒が、人殺しと張り紙されるような先生の授業は受けられないと騒ぎになっている。サッカー部は大会に出るのを諦めたのだから、浅見もごまかすなという。浅見は真相が分かったら説明すると約束する。サッカー部にビールを買ってきた太った一年生は何かを隠している様子だ。

谷原は肉を買って家に帰り、家族で焼肉をする。明日から仕事に出るという。広沢と最後に食べたのが焼き肉だったため肉は苦手だったが、きっかけが欲しいと話す。明日香は谷原に会社が嫌なら無理しないで、自分が働く、二人で娘を守るんだと話すが、谷原は、入院中に明日香が一人でどれだけ大変だったか、心配かけて悪かったと謝る。誰かの恨みを買っているなら、謝らないといけないと話す。

明日香は村井を訪ね、10年前の事件の時、タクシーを降りて何をしていたのかと問い詰める。車が落ちた時、村井に浅見から電話が入った。村井は、広沢が酒を飲んでいたのに、浅見たちが迎えに行かせたと聞かされた。村井が転落した車を見つけ、父親に友達が酒を飲んで事故ったことを伝えると、父親は、「火をつけろ、燃えれば証拠は何も出ない、見捨てろ」と話す。村井は広沢が乗っている車にそんなことをできるわけがないと拒否したが、車が爆発し、村井はタクシーに戻った。

村井は妻・香織の実家に香織に会いに行く。香織は、姉妹の中で私だけが議員じゃない秘書の村井をあてがわれて、ずっと孤独だったと話し、村井は香織に謝る。

美穂子が浅見を襲う?

谷原から深瀬に連絡があり、野球チームの大阪出身者と美穂子が、大阪の病院がいいか話していたといい、病院のリストを送ってくる。深瀬が病院に電話して、美穂子の母と話をするが、美穂子は「まだ会えていない人がいる」と言って東京に戻ったという。

美穂子は浅見を見つけて、階段の後ろから浅見をつける。浅見を後ろから押して落とそうとしているように見えたが、深瀬に止められる。美穂子は広沢の遺品を返そうとしていた。広沢が、浅見に本を借りっぱなしで返さなきゃと言っていたという。

[ad#ad-2]

美穂子の目的は?

深瀬と美穂子はコーヒー店で話をする。深瀬は美穂子に、広沢が一番の親友で、その死を一番悲しんでいるとを話したが、告発文が届くまで、自分は広沢のことを何も知らなかったことに気づいたと話す。美穂子は告発文を送ったのが自分であることを認めて、広沢との関係を話す。

広沢は同じ高校の先輩で、高校の時はそんなに仲は良くなかったが、東京で偶然に出会った。広沢から交際を申し込まれて付き合っていたが、広沢が4年生の秋にうまくいかなくなった。広沢と結婚するかもしれないと思っていたが、広沢が卒業したら就職せず外国を旅したいと言い、自分の父が働かず両親が離婚したことを思い出し、不安になった。美穂子は、旅行先で広沢が行方不明になっていたことをしばらく知らず、ニュースで知った。広沢からお土産が届いていて、「帰ったら話し合いたい」という手紙が入っていた。

深瀬は、最初の目的は復讐ではなく、広沢を知ることだったのではと美穂子に尋ねる。美穂子は、広沢の葬式には辛くて行けず、初めて訪れた三回忌で深瀬たちを見た。広沢は時々ゼミ仲間の話をしていたので、最後に一緒にいた4人に広沢が最後の一日にどんな様子だったのかを聞いてみたかった。ゼミの仲間は今どうしているのか、最初は浅見に電話したが、聞きたいことは聞けなかった。

そのことが何年も心の中に残っていて、大阪に帰る前に、やり残したことをやろうと決めた。直接ゼミ仲間4人に話をするのではなく、偶然を装った方が、広沢がどんな最後の日にどうしていたのか、どんな友達とどんな付き合いをしていたのかがよくわかるような気がした。谷原や村井の様子を見に行くと、みんな気さくでいい人たちで、がんばって充実した人生を送っていて、この人たちとなら、広沢も充実した最後の一日を過ごせたと満足したが、広沢がよく話していた深瀬と話をしてみたいと思うようになったという。

しかし、初めて深瀬の家に行った時、人殺しと書かれた紙をみた。誰が書いたかもわからなかったが、もし本当ならそれは広沢のことなのではないかと思い、告発文を見たらどう反応するか、自分あてに告発文を送った。

告発文をみて、深瀬は好きな人に嘘をつきたくなくて、事実をありのままに話したが、聞く側の美穂子のの気持ちを全然考えていなかったと謝る。美穂子は他の3人にも告発文を送ったことを認めて、その理由は、皆、お酒を飲んでいた広沢に運転させたことを警察にも両親にも秘密にして、何があったのかは忘れて暮らしているからだという。

谷原をホームに落としたのはやはり美穂子だった!

谷原がホームに転落した時、谷原と美穂子は一緒にいた。谷原はお酒をのんでいた。美穂子と一緒に電車を待っていたが、電車が遅れていた。車で来ていた谷原は酒を飲んでいるのに美穂子を車で送っていこうとした。美穂子に10年前の事故のことを指摘されたが、10年前の事故は運が悪かったと話したのを聞いて、感情が抑えられなくなった。谷原が美穂子の手を引いて連れていいこうとした時、美穂子は手を振りほどき、谷原がホームに落ちた。美穂子は怖くなって逃げた。美穂子は、あんなことをしたのは広沢のためじゃなく、自分の気を晴らすためだと話す。そして、自分がしたことを警察に話すと言い残してコーヒー店を後にした。深瀬はタクシーで帰ろうとする美穂子を追うが、美穂子は深瀬を振り切ってタクシーに乗り込み、泣きながら去って行った。

さらなる犠牲者が!

その夜小笠原から深瀬に連絡が入る。事件の整理をしたいから深瀬に会いたいという。その時、ヘルメットをかぶった人物が後ろから小笠原を二度刺した。刺した人物はそのまま走り去り、深瀬とすれ違いながらバイクで逃げ去った。深瀬は電話で話しながら異変に気付いて小笠原に近づく。小笠原は意識があるが、血まみれで倒れている

第8話感想 残っている謎は?真犯人と今後の展開を大胆予想!

美穂子が4人に近づいたのは、関係がぎくしゃくしたまま行方不明になった広沢のことを知るためでした。素性を隠して近づいて、告発文まで送り、ホームに突き落とせば、復讐が目的としか思えませんが、初めから悪意を持って近づいたわけではなかったんですね。深瀬と付き合うようになったのは、広沢の復讐のためではなく、深瀬の人柄に惹かれたからのようです。

今回分かったのは、美穂子は、深瀬の家で人殺しと書かれた紙を見てから告発文を自分に送ったことです。このことから、10年前の事件について、美穂子より先に動いていた別の人物がいたことが分かります。

ここまでに残っている謎を整理します。

  • 深瀬の家に人殺しの張り紙をしたのは誰か
  • 小笠原を刺すことを命じた人物は誰か
  • てんとう虫のキーホルダーは誰のものか
  • 広沢が外国・行政法人でやりたかったことは何か
  • 事故と同時に起きていた、近隣のホテルでの窃盗事件の犯人は誰なのか
  • 太った一年生は何を隠しているのか

第8話の最後には、小笠原が刺されました。このドラマは犯人が直接手を下さず、殺し屋のような人物を使う、卑怯なやり方が多いですね。人を動かすための金を持っている人物が黒幕に違いありません。

そういう視点から考えると、小笠原を刺したのは、村井の父の秘書の差し金でしょう。村井の不倫をマスコミにリークしたのは小笠原で、村井の父はそれによってダメージを受けています。小笠原は、てんとう虫のキーホルダーの持ち主に勘付いていて、これから何か荒っぽいことを仕掛けようとしていたので、これが村井の父の政治活動に大きな影響を与えることが考えられます。

長野のNPOの関係者であるキーホルダーの持ち主が広沢を殺害したと考えられますが、この原因は、広沢が入ろうとしていた行政法人でやろうとしていたことが、村井の父の政治活動に影響することだったと予想します。それを阻止するため、村井の父の秘書は、ゼミ仲間で長野に遊びに行かせるよう村井を促し、さらに村井の到着を遅らせて、事故が起きるように誘導しました。その上で、キーホルダーの持ち主に広沢を消させたのです。広沢が卒業後にやろうとしていたことは、香織の家系の国政の政治家にも影響することなので、明るみにされたくないのです。だから村井の秘書は、村井と香織の関係を非常に気にしているのです。さて、予想はどれだけ当たるか、今後の展開が楽しみです。

[ad#ad-2]

第9話予告

新たな犠牲者が出てしまったことに不安を抱える中、その不安を煽るかの如く深瀬(藤原竜也)の元に脅迫メールが届く。すでに正体が明かされたはずの告発文の送り主だが、脅迫メールを送ってきたのは別の誰かなのか――?
そんなある日、10年前の事故現場で不審な行動をとっていた疑いのある村井(三浦貴大)は、浅見(玉森裕太)、谷原(市原隼人)ら皆の前で重い口を開きはじめる。あのとき村井は何をしていたのか? 村井から語られたこととは…!?

一方、事件の真相を追い、自分の知らなかった広沢の一面を知るたび、深瀬はさらに広沢のことを知りたいと思うようになっていた。そんな中、警察署に出頭してきた美穂子(戸田恵梨香)は、深瀬に対し思いがけない言葉を投げかける……。

 

1件のコメント

コメントを残す