【プログラミング】初心者がPython(パイソン)の基礎を学んでみた(その1)

急に思い立った新シリーズです!果たして、ど素人がパソコンのプログラミングを学ぶと、どんなことができるようになるのかを長期的に実験してみたいと思います!!

[ad#ad-2]

2020年から小学校でもプログラミングが必修に!!

文部科学省は、2020年以降に小学校でプログラミング教育を必修とする学習指導要領を発表しました。

☆英語、小3に前倒し プログラミング必修化(毎日新聞2017年2月14日)

https://mainichi.jp/articles/20170215/k00/00m/040/119000c

あと3年足らずで、小学生もプログラミングを学ぶことになります。実は、もうすでに中学生や高校生はプログラミングを学んでいます。もっと小さな頃からコンピュータに触れて、コンピュータでどんなことができるのかを身に付けさせるというわけです。

大人もプログラミングを学んでみよう!!

というわけで、大人も負けずにプログラミングを勉強してみたいと思います。プログラミングの知識はゼロですが、テキストを片手にチャレンジです。使用するプログラミング言語(ソフト)は、pyton(パイソン)。

pythonは、人気のプログラミング言語です。プログラムの入力方法がシンプルに設計されていて、C言語などのほかのプログラムに比べて、分かりやすいようです。これを使ってプログラムを学んでみたいと思います。

目先の目標は、パイソンの基礎を身につけること。その次は、何か実用的なプログラムを作ってみたいですね。Dropboxやインスタグラムなどはpythonで作られたプログラムなのだそうです。また、将棋や囲碁などで人間よりも強い人工知能が注目されていますが、そういう技術にも活用できるそうです。ど素人がそこまでできるとも思いませんが、どのようなことができる、学びながら考えていきたいと思います。

なお、使用するパソコンはMacです。

[ad#ad-2]

1日目 まずはpythonをインストール!!

 

①pythonのサイトにアクセスします。https://www.python.org/downloads/

 

②”download”にマウスカーソルを合わせて、OSに合った”Download Python3.6.2”をダウンロードします。

 

③ダウンロードしたファイルを開いて、pythonをインストールします。

④インストールが完了したら、FinderのアプリケーションからPythonを開き、その先ではIDLEを開くと、Python Shellが開きます。

このshellにソースコードを書いていけば、プログラミングができるようです。試しに何か入力してみましょう。まだコマンドを知らないので何もできませんが、数字を入力して計算はできるようです。

⑤shellに任意の数式を入力

適当な数字を入力して、+や*でつなぐと計算してくれます。エクセルと同じですね。

今日はここまで。最初から根を詰めてやりすぎると続かないので、ゆる〜く行きたいと思います。次回は、ソースコードの保存をしてみたいと思います。

[ad#ad-2]

コメントを残す