【ミステリー映画】福山雅治の「三度目の殺人」と長澤まさみの「散歩する侵略者」が9月9日公開!

9月9日に公開される2つの映画を紹介します。この2本はぜひ見たいので、後日レポートしたいと思います!!

[ad#ad-2]

福山雅治主演の映画「三度目の殺人」

殺人事件に隠されたある“真実”を描いた心理サスペンス映画です。福山雅治さん主演で、9月9日公開です。

監督・脚本・編集:是枝裕和
出演:福山雅治/役所広司/広瀬すず/吉田鋼太郎/斉藤由貴/満島真之介/市川実日子/橋爪功

ストーリー 関係者の人間関係を調べていくと、新たな事実が見えてくるーー

(その1)勝利にこだわる弁護士重盛(福山雅治)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。 (TOHOシネマズより)

(その2)「自白してるんだろ?だとしたら間違いなく死刑だろう。」真実なんていらないものと信じる弁護士重盛にとって、それは、ありふれた裁判のはずだった。殺人の前科がある三隅が解雇された工場の社長を殺し、火をつけた容疑で起訴された。犯行も自供し、死刑はほぼ確実だった。しかし、調査を進めるにつれ、重盛の中で違和感が生まれていく。会うたびに動機さえも変わる三隅の供述。なぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?得体のしれない三隅に呑みこまれているのか?弁護士は、初めて心の底から真実を知りたいと願う。 (株式会社メイジャーより)

サブタイトルは、”犯人は捕まった。真実は逃げ続けた。”、”弁護士、殺人犯、被害者の娘。ある殺人が、彼らをつないだ。”とあります。表向きの殺害動機は真実ではなく、事件を調べていくと、真実が見えてくるようです。普通に考えると、被害者の娘のために、虐待をしているその父親を殺害したというのが普通の感じがしますが、どうなるのでしょうか?殺人犯の過去の殺人も同様のものだったのでしょうか?非常に興味があります。また、真実を知ると、重盛弁護士にどういう影響があるのでしょうか?

[ad#ad-2]

長澤まさみ主演の「散歩する侵略者」

この作品は、舞台作品を映画化したもののようです。数日間行方不明だった夫が、「侵略者」に乗っ取られて帰ってきて、その後様々な事件が起きるようです。ちょっとSF的な要素が入っていて、純粋なミステリーじゃないかもしれませんね。

監督:黒沢清
原作:前川知大
出演:長澤まさみ/松田龍平/高杉真宙/恒松祐里/長谷川博己

ストーリー

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰って来た。なぜか穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・真治(松田龍平)は、何事もなかったかのように毎日散歩に出かけていく。同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中、天野(高杉真宙)という謎の若者と出会い、二人は事件のカギを握る女子高生・立花あきら(恒松祐里)の行方を探し始める。さらなる混乱に巻き込まれていく桜井と天野。平凡な日常は、いつしか誰も止めることのできない「非日常」へと加速していく―。(TOHOシネマズより)

WOWOWでアナザーストーリーも!!

この映画のアナザーストーリーとなるテレビドラマ『予兆 散歩する侵略者』がWOWOWで放送されるそうです。

http://www.wowow.co.jp/drama/sanpo/

9月9日(土)に公開される映画『散歩する侵略者』。劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の人気舞台を、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が映画化。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる、という大胆なアイデアをもとに誰も見たことがない新たなエンターテインメントが誕生した。そんな映画『散歩する侵略者』のアナザーストーリーを新たな設定、キャストでスピンオフドラマとして製作。映画版とは一味違った、新たな侵略サスペンスが誕生した。

監督を務めるのは映画版と同じ黒沢清。映画『散歩する侵略者』は第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、国内外で大きな話題となったことも記憶に新しい。そんな黒沢が、2012年放送の「連続ドラマW 贖罪」以来5年ぶりにWOWOWのドラマを手掛ける。また、脚本を黒沢とともに担当するのは映画「リング」シリーズで世界にJホラーブームを巻き起こした高橋洋。黒沢とタッグを組むのは1998年公開の映画『蛇の道』以来。そんな黒沢と高橋の作り出す恐怖と驚愕の世界に、夏帆、染谷将太、東出昌大ら、人気・実力を兼ね備えた豪華キャストが集結した。

映画の公開が楽しみですね!!

[ad#ad-2]

コメントを残す